アジアの砒素汚染

日本では1920年代以降、宮崎県の土呂久鉱山、松尾鉱山、島根県の佐々谷鉱山など、硫砒鉄鉱を焼いて亜砒酸を製造した鉱山周辺で、住民や労働者の間に皮膚に特徴のある病気が多発しました。環境省や厚生労働省が、その病気を慢性砒素中毒と認めたのは1970年代にはいってからです。

台湾では1920年代に烏脚病(Black Foot Disease)と呼ばれる病気が見つかり、1950年代に原因が井戸水に含まれる砒素だと報告されました。

中国・貴州省では、屋内で砒素を含む石炭を燃焼させることによる砒素中毒が起きています。この病気は1950年代初め、皮膚に斑点がでることから「蛙肌(Frog Skin Disease)」と呼ばれ、砒素中毒だとわかったのは1960年代半ばのことでした。

1980年以降、井戸水の砒素汚染がアジアの各地で確認されています。

1980年に中国・新疆ウイグル自治区、1982年にインド・西ベンガル州、1987年にタイのロンピブン村、1989年に中国・内モンゴル自治区で砒素中毒患者が発見されました。その後、バングラデシュで約3500万の人びとが砒素に汚染された水を飲んでいることがわかり、他の国でも調査が始まりました。その結果、地下水の砒素汚染は、アジアの大河流域で、共通して起こっていることがわかってきました。

中国の黄河流域、ベトナムのレッドリバー流域、カンボジアとベトナムのメコン川流域、ミャンマーのエーヤワディー川流域、ネパールとインドのガンジス川流域、ガンジス川とブラマプトラ側の2つが合流してできたデルタの国バングラデシュなどです。

こうした河川をさかのぼると、ヒマラヤ山脈、チベット高原、クンルン山脈など、中生代後期の造山運動によって形成された山塊にたどりつきます。ここに噴き出したマグマの中の砒素が、風化して河川によって運ばれて中・下流域に堆積しました。20世紀の後半になって、飲料水が地表水から地下水に転換するのにともない、眠っていた砒素がチューブウェル(管井戸)で汲みだされて、住民の健康を脅かすことになりました。地下水を灌漑に使っている地域では、砒素による土壌や農作物の汚染も懸念されます。

毒物の王・砒素

地下水砒素汚染のメカニズム

6千万人が砒素汚染地に住む

砒素中毒患者は70万人

アジア砒素汚染地図

国・地域別砒素汚染