中国内蒙古プロジェクト96-99

内蒙古自治区の砒素汚染地に設定したモデル村で、1996年4月から4年間にわたって、地下水汚染と住民の健康の調査およ住民の半数以上の症状が改善される成果をあげました。

96年度は、河套平野の2つの地域で健康調査と環境調査を実施し、それぞれの住民の35%と61%が砒素中毒患者であること、その原因が井戸水に含まれる砒素であることをつきとめ、97年度は、五原県勝利村をモデル村に定めて、水文地質学的な調査によって、深くなるほど地下水中の砒素や塩分の濃度が高くなり、飲料には適さないことを明らかにしました。

98年度は、砒素や塩分や有機物に汚染されていない地下水を確保するために、15の村で水文地質調査を実施し、105本の観測井戸を掘って、黄河からの灌漑用水路沿いに安全な水源を確認しました。住民の役務提供による水道敷設工事をおこなって、総延長約30キロの簡易水道を完成させ、モデル村の2000名に対する給水を開始することができました。

この事業は、五原県海子堰郷人民政府と内蒙古自治区地方病防治研究所の協力によって進められ、この間、地域住民に対し砒素汚染に対する啓発教育を実施し、地域住民が解決のために主体的に取り組むことができるようにしました。また、モデル村の住民2000人に対し毎年2回健康調査を実施し、99年度の健康観察検診の結果、砒素中毒にかかっていた住民の53%に臨床症状の改善がみられ、安全な飲料水供給事業の有効性が確認されました。