【東京 2/13】水と農業の報告会のお知らせ

アジア地域の水資源共同管理から展望する共生社会
ー日本、タイ、バングラデシュの水資源管理の現場からー

永源寺ダム(滋賀県)

人口増加、人間活動の拡大、気候変動などを要因に世界各地で水不足や水をめぐる紛争が多発する中、1990年代頃から持続可能な水資源利用・管理が目指されてきました。
2017年、河川や農業用水に関する環境問題に取り組んでいる研究者やNGOメンバーが集まり、水をめぐる人びとと自然の共生、異なる利害関係者の共生のあり方を考え、未来への展望を議論しようと「水資管理共同管理研究会」を立ち上げました。

砒素の問題と農業の問題は切り離して考えることができないため、AANもこの研究会に参加しております。
研究会では、これまでに、北タイの伝統的なかんがいシステム「ムアン・ファーイ」、水不足解消をめぐる利用者間の調整が課題となっている滋賀県愛知川沿岸土地改良区を訪問し、聞き取り調査を行いました。
今回、中間報告として公開研究会を開催し、滋賀県愛知川沿岸、バングラデシュのジナイダ県、タイのチェンラーイ県の水管理の事例を紹介し、アジアの水資源管理に共通する課題について、参加者とともに考えたいと思います。

◆日 時:2018年2月13日(火)18:30~20:30(開場18:15)

◆場 所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)
地図http://www.geoc.jp/access

◆定 員:50名

◆参加費:無料

◆申し込み方法:以下のフォームからお申込ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/90dfd9be550183

プログラム:http://www.geoc.jp/rashinban/event_detail_35579.html
◆「愛知川流域の大規模かんがい事業の課題からアジアへ」・・・保屋野初子(星槎大学共生科学部教授)
◆「北タイの”伝統的“灌漑管理システムにおける住民組織の役割の変容」・・・東智美(日本学術振興会特別研究員、メコンウォッチ理事)
◆「過度に灌漑に依存しない持続可能な農業の普及を目指して〜省水を転作推進の視点から考える〜」・・・石山民子(アジア砒素ネットワーク理事)
◆コメント「アジアの持続的な水資源管理に向けて」・・・大塚健司(アジア経済研究所主任研究員)
◆質疑応答
(※発表のタイトルは変更になる可能性があります。)

バングラデシュ国ジナイダ県